カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には気を付けるべきこと、それは選び方です。

一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、様々な選び方があるのです。

例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。

この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けることで、選ぶのに重要なのはアメ色のものを選択することです。

あわせて、いいものは甲羅が硬いです。

かなり多くの方が、食べ放題の蟹といえば不味いものの代名詞であると思っているでしょう。

実は私もかつてはそうでした。

しかし、そこには誤解があります。

食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。

食べ放題といっても、名産地の旅館や蟹専門店のコースなら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹を心行くまで味わい尽くせるはずです。

ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方なら食べ放題よりも、ちゃんとしたブランドの蟹を購入するのが結局は無難な選択でしょうね。

かには美味しいけれどそう頻繁に食べられるものじゃありませんよね。

ましてお手ごろ価格だったらもっと言うことないと思いませんか。

かにが家族にも食べさせたい。

そんな希望を叶えるのには通信販売でかにを購入するのが一番です。

かにって通販で買うのが一番いいと言うのは、私なりの根拠があるのです。

店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、実のぎっしり詰まったおいしいかにが、いつでも購入できるのはうれしい限りですね。

更に価格が安いのが特徴でたいていのかになら、通販のほうが安いものがどこのお店でも徹底しているので、うれしい限りです。

オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。

蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。

そんな蟹を安く入手するには、どのような方法があるのでしょうか?おそらく大多数の方が蟹を手に入れる一番お得な方法は、スーパーマーケットで探すことだと考えられるでしょう。

ですが、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

一体どうしたらいいのでしょうか。

それは、訳ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。

これが一番安く蟹を食べられる方法です。

こうすれば、最も安く蟹が買えます。

多少の見た目の良しあしにこだわらない人にはオススメです。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。