カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹は旬の贈り物としてもポピュ

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。

お知り合いや家族に、蟹をお歳暮で贈りたいという需要も増えてきたのではないでしょうか。

ですが、油断は禁物です。

何より新鮮さが落ちてしまうと、それだけ美味しくなくなりますし、新鮮でない蟹を食べるとお腹を下すことだってありえます。

そんな事態を避けるためにも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて送ることが、相手に対する思いやりでもあります。

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、私や子供がほとんど食べない内に、一人で全部片付けてしまうのです。

だけど、子供も大きくなってきましたし、できれば家族皆で食べられるように今後はしたいなと思っています。

こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。

ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、特に蟹鍋などをする場合には、普通の蟹よりずっと楽に使えます。

殻が剥いてあることによって、小さい子供にも食べやすいので、気軽に蟹の魅力を楽しめます。

お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

場所によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

それとは対照的に、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえバランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、一般的には、このような部位を茹で珍味として愛されています。

皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。

ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。

塩の入れすぎは逆効果です。

ちょっと塩気を感じるくらいの塩分で十分です。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと食べるときに楽ですよ。

皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。

それなら、産地の名前がついた、ブランド品のかににするそれで失敗はないでしょう。

ブランドがにの目印として、ブランドのタグやシールをチェックできるでしょう。

それは、特定地域の漁港で水揚げされたかにの立派な証拠です。

言うまでもなく、それが味の保証となっているので、他のかにと一緒にされないためブランド名に仕立てたのです。