カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹通販の利用時、皆さんが利用を躊躇す

蟹通販の利用時、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。

蟹通販を利用したことがなければ、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。

しかし、実際の場合、通販の蟹の鮮度が悪いということはありません。

何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、スーパーなどに陳列されるまでの時間、それが売れるまでの時間を考えると、新鮮である確率はかなり高いといえます。

大手ショッピングサイトでも、かに通販は特集になるくらい私たちを誘っています。

だからこそ、どこを選んでいいか迷ってしまう人もあるでしょう。

かに通販のビギナーです、そういう方のためにテレビ通販があるのです。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかにはテレビ通販業者の厳しい目をくぐってきているので失敗のない品だと考えてください。

かに特集をうまく見つけられれば、最良の購入方法です。

テレビ通販会社のホームページから買えるところもあります。

かには食用だけでも数え切れない種類があり、一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。

そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がこれぞかに、という方はたくさんいます。

身や味噌の味といえば、ズワイガニもかなり知られています。

もちろん産地によっても味は異なり、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。

松葉ガニのメスをセコガニといいます。

一般的な松葉ガニと比較して大きさは小さいことが多いですが、貴重な卵が味わえおいしさもひとしおなので、セコガニの熱心な愛好者が後を絶ちません。

市場に出回るのは、ごく短い期間です。

わずかに11月から1月の間と水揚げされることはなく珍重されるのは当然です。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるのが上手な調理の仕方です。