カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

料理に蟹を使うとき、「蟹がどう

料理に蟹を使うとき、「蟹がどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。

そんな中、特に留意する点は、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。

大概の方は急いで解凍するために水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。

そんなことをしてしまったら、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。

店頭と違い、いくつもの通販業者から選ぶことができる蟹通販。

利用の際には、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、そこで注意すべきポイントを紹介しましょう。

いつの時代でも、店を選ぶ基準は「人」に他なりません。

信頼できる業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、蟹の産地まではるばる、買い付けに行き、厳しい査定をクリアした、優良グレードの蟹を買い付けてくるので、安心安全です。

やはり品質は何より大事ですから、それを大切にしていそうな業者を選択するのが蟹通販を上手く利用するコツなのです。

花咲がにを食べたことはありますか。

根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリと考えてください。

かにと言っても通用する見かけと、かにと同じくらいおいしいことから実に貴重なかにとして誰も問題にしていません。

濃厚な身の味わいと食感の良さ、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、非常に珍重されています。

これからの時期が最も美味しい蟹。

旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。

蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。

それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。

風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。

蟹の美味しい季節になりました。

まず思いつくのは脚の身ですが、蟹ミソも美味しく味わいたいものです。

「蟹ミソ党」の人にお勧めしたい蟹は何かと聞かれたら、一番はなんといっても毛ガニでしょう。

ねっとりととろけるような旨味で知られる毛ガニのミソなら、蟹ミソの王道といえる味わいを実感できます。

蟹ミソだけでもおいしいですが、ほぐした脚肉とあえるとまた絶品です。

お酒のアテにはもってこいの逸品です。