カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあって

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。

根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。

といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにの一種と言うことで取引されるのが普通です。

身は引き締まって濃い味わい、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、ブランドがにとして有名なかにの一種です。

人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょうか。

一番のオススメは、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。

「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。

そうした煩わしさ抜きで、簡単に蟹を味わうには、ポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。

一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、せっかくですから訳あり蟹を買ってみましょう。

普通よりずっと安く蟹を味わえます。

是非試してみてください。

皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。

みんなに知られているのはタラバガニかと思います。

それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。

あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、熱心なファンが数多くいます。

身や味噌の味といえば、ズワイガニもなくてはならない存在です。

どのかにも独特のおいしさをもち、自分の好きなかにを持つ方も多いのです。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

何と、かの有名な上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いといわれています。

それから、小さい個体は雄のことが多いです。

日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として広く知られています。

ネット通販が普及した現在では、クリック一つで、北海道や山陰などの名産地から新鮮な蟹を取り寄せることが可能です。

しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、どこで買うかによって価格や送料が大きく異なるため、お得に利用するためには、業者の選定に慎重になりましょう。

多くの通販サイトを眺めていくと、中には他より大幅に安い業者もあります。

高価すぎる店は嫌ですが、安すぎるのも考え物です。

品質やトラブルのリスクなど、どこかに落とし穴がないか、入念に確かめておきたいものです。