カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにはどこでとれても味は同じ、と言われるこ

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

多くの方の話では、タラバガニだと顕著な味の差はないという方が多いのです。

ズワイガニは対照的です。

国産と外国産ははっきり味が異なるというのが常識になっています。

そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、ブランドの違いは味の違いで、このかには産地によって味が違うとすれば、外国産はもっと味が異なると言えるでしょう。

花咲がには、幻のかにとして知られています。

北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリが正しいのです。

実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いのでかにの一種と言うことで全く問題はありません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、市場に出る量は少ないため、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。

通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、訳というのが何で、食べてみて正規品とどこまで差があるのか。

そこが、業者の誠意を推し量る上で大変役立つと思います。

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、ほとんどは大きさが揃わず、極端に大きいものや、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。

店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「訳あり品」転落ポイントです。

聞いているだけで申し訳ないような気分になってきました。

余程のセレブでない限り気にして食べないなんて、大損です。

実家や兄弟にも送ってあげようと思います。

残念ながらご進物にはなりませんが。

家での食事にかにが出てくるだけでなんだか華やぐという経験はなぜか強く残っているのではありませんか。

丸ごとのかになどあった日には、みんなが笑顔になったはずです。

大概の地域のスーパーではいつも丸ごとのかにを扱っているとは言えません。

少し時間をかけて、産地直送の通販でかにを買うと新鮮さは市場と変わらず、お店を通さない分安く買えることが多いので、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。

かにの通販は本当にたくさんありますよね。

購入のチェックポイントとして、ボイル前と後はどちらがよいのかどうしようと頭を抱えた方もありがちです。

いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で選ぶ余地があるなら活かにが一押しです。

ほとんどの通販では、活かにならよりおいしく新鮮なかにが届くからです。