カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

贅沢品といえば何といっても蟹。私も

贅沢品といえば何といっても蟹。

私も蟹は大好きで、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、初心者は気をつけるべき部分もあります。

通販は届いてみるまで品物が見えないですから、どのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。

業者に量をゴマカされてからでは遅いです。

そして、ある意味それ以上に気をつけなければならないのが解凍です。

解凍にはコツがあります。

何より、時間をかけて自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。

初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。

近頃あちこちの番組でかにを食べるシーンばかり見せられて、何とかかにが食べられないかと探した結果、かに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。

冷凍の状態によってはかなり味が落ちることもあるようですが、そんなこともなく、とても美味しかったです。

今でこそ、世界中の食べ物がクリックひとつで頼めるようになりましたが、そんなことを考え付きもしない頃から、かにを宅配便で全国に販売する会社はあったらしいのですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して一般的ではなかったこともあり、高いお金を払って通販でかになんか買ったって品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。

でも、よほどひどいお店を選ばない限り通販のかには軒並み美味しくなっているので、安心できます。

丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

ここからは軍手着用です。

腹の三角形部分を外して、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、一息に半身を外します。

胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてやっと現れたかに味噌を取りのけます。

脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。

殻に切れこみを入れたり、殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。

文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。

かにを食べたいなあと無性に思うことがあるんですが、考えてみるとそれってだいたい冬なんですよね。

ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、かに三昧の2日間を過ごしています。

これだけ毎年買っているのにお店の数が多すぎてなかなかこれといったお店にたどり着けません。

毎年美味しいことは美味しいのですが。

注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、何といっても安いものではないので、どれだけサービスしてもらったとしても、やはりそこそこのお値段はしますから、価格と品物がしっかり見合っていて欲しいのは当たり前のことです。

その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。

できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、良い買い物が出来るというわけです。

蟹通販では色々な蟹が買えるので、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、あれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、調理法によっても変わってきます。

家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、既にボイルしてあるポーションタイプの蟹が楽でいいでしょう。

また、蟹しゃぶで味わいたい方は、鮮度第一の活き蟹か、生のまま冷凍したものを買うといいと思います。

こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。