カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

様々な中華料理のうちでも特に高級な料理として

様々な中華料理のうちでも特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国で獲れる淡水蟹の中でも、特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

季節を問わず手に入り、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、極上の味として貴重な一品です。

ギフトとしても人気のある蟹。

家族や友人知人に、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。

しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。

蟹は鮮度が第一です。

鮮度が悪いとそのぶん味も悪くなるのに加えて、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。

危険回避の観点からも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して工夫して発送するのがよいでしょう。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

実は種類によって違うようで、タラバガニならどこでとれてもまあ同じ味となるようです。

一方、ズワイガニは国産と外国産の味の差が大きいという声を実に良く聞きます。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、ある程度ブランド固有の味があるわけで、産地による味の違いはあると考えられ、当然、外国産は相当味が違うのでしょう。

かにって本当に美味しいですよね。

自他共に認めるかに好きの私は、四六時中かにが食べたくてたまりません。

そこで通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。

意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。

インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、現在と同じように通販でかにを買えたとは驚きですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して受け入れられづらい状況もあり、わざわざ好き好んで通販なんかで得体の知れないかにを買わされて、その挙げ句、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。

とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。

これを食べないのは損だと思いますよ。

蟹通販を利用する際には口コミを参考にしたいですが、多くのレビューがWEBには溢れ返っています。

ECサイト楽天市場やアマゾンなど)のユーザーレビュー欄では簡単に多くの口コミが見られます。

また、それ以外にも、個人的に蟹通販の評判をまとめて列挙してあるサイトも多くあります。

一つ一つ読んでいくことはほぼ不可能ですね。

そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?ネット上の口コミはしょせん、主観に過ぎません。

それより、業者の取引実績を調べてみましょう。

それを基準に選べば業者の選定で失敗することはほぼありません。