カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ガザミもイシガニも、実はワタ

ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。

一般に出回っているかにの中では脚が発達していなくて貧弱に見えますがたっぷり詰まった味噌は好きな方には堪えられません。

あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なのでかに味噌を堪能するのが目的なら十分満足できるかにです。

一人で何匹も食べられる大きさでアイディア次第で、調理法は実に多様です。

蟹のブランドにも色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。

ズワイガニを一度味わってしまえば、他の蟹など比べ物にならないと気付くでしょう。

ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。

ブランド蟹のタグが付いていれば、味や品質にはまず間違いはありません。

皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグを確認するのをクセにしてください。

セコガニとはズワイガニの雌のことです。

土地土地で違いがあり、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

逆に、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、わりと、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

毛蟹を選ぶとき、いくつか注意点があります。

毛蟹と言えば冬が旬。

ですから、大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、この時期に獲れた個体を買いたいものです。

加えて、外せないのは見た目もそうですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。

つやつやで色のいい、手応えのある毛蟹を選んでください。

手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。

最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、よいかにを売っている可能性が高いです。