カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。蟹の魅

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。

蟹の魅力を味わい尽くすべく、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、今の季節で一番楽しみにしていることなのです。

北海道は蟹のメッカ。

中でもお気に入りのお店は、旧知の知り合いが経営する、道南・函館市の蟹料理専門店です。

ここは本当にお勧めです。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を、店主が腕によりをかけて作っています。

この冬も勿論その店を訪れますよ!ここのところ毎年、かに通販を使って買って食べるのが普通と当たり前のように考えています。

少し前には考えられなかったことですが、パソコンだけでなく、スマートフォンから気軽に注文して全国の水産業者から直に購入できるためです。

通販で生のかにの販売が増えており、これがけっこうおいしいので、かにがおいしいシーズンになったらスーパーやデパートに行く気はなく、どこの通販にしようか?と考えるようになりました。

かに通販の中に、お得価格のポーションが多いのに気づいた方もいるでしょう。

ほぐしていないかにの身、ということですね。

むき身のかにだといえます。

色々な料理に使いやすいおいしさもありますし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので加工してあるのに比較的安いという点にも注目ですね。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

次に甲羅と半身を離します。

両手で持って、一息に半身を外します。

胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにして待望のかに味噌を出します。

脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。

あとは実践あるのみです。

がんばってください。

秋も終わりに近づくとお店でも、かにに目が行ってしまうものです。

寒くなってから、熱燗でかに鍋を食べると冬の楽しみを味わえます。

せっかくの鍋をさらにおいしく食べたいなら、近所のスーパーからかにを買うのではなく、市場まで足を運んで買ってくると鍋はさらにおいしくなるはずです。

市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのもおいしい鍋への近道です。