カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠

上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても主役級の存在感で、超有名ブランドがにの一つです。

チュウゴクモズクガニともいわれ、中国を中心にいたるところに生息しています。

雑食で、何でも食するので、外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。

上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために生体の輸入だけでなく、取引全体を固く禁じている国もあるくらいです。

インターネットでもかに通販サイトはおいしそうな写真でみんなを誘惑しています。

だからこそ、どこを選んでいいか迷ってしまう人も増えているのも事実です。

おいしいかにをネットで一から探すのは大変、という人には、テレビでかに通販のチェックを勧めます。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには質の良い品を全国に紹介していることが多く届いてがっかり、ということはまずありません。

どんな人にも無難な通販です。

ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。

他の食用がにとは違って、脚は出汁にしかならないかもしれませんが、たっぷり詰まった味噌は好きな方には堪えられません。

流通量は多く、庶民的な価格なのでもし、かに味噌を思い切り食べようと思えば一番おすすめのかにです。

丸ごと調理するのも簡単なサイズで和洋中、様々な料理に使われているのです。

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。

根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにの一種で、分類するとヤドカリと考えてください。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなので実に貴重なかにとして一般に扱われています。

身の芳醇さと食べ応えで知られ、産地が限られて漁獲量も少ないので誰もが認める有名なブランドがにです。

料理に蟹を使うとき、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。

そんな中、特に留意する点は、冷凍蟹をいかにして解凍するかという点です。

多くの人々は解凍を早めたいと、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。

そうしてしまうと、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、冷蔵庫に入れた状態での時間をかけた解凍が大切です。