カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したことが

ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したことがあります。

安く大量に買ったかにを、食べ過ぎるとどうなるか。

通販のセールで安い毛蟹が買えたので彼女と二人、全部を一気に食べていると、ぞわぞわと妙な感じがしてきたのです。

おかしいと思いながらも食べ続けたところ、寒気は収まらず、震えだしてしまいました。

どんなにおいしいかにでもたくさん食べると、冷えて体調を崩すことがあります。

私のような目には遭わないようにしてください。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。

メスしかいないので、松葉ガニよりサイズが小さいと思われていますがこの時期にしかない卵がぎっしり入っていておいしさもひとしおなので、松葉ガニよりも、通好みでファンが後を絶ちません。

市場に出回るのは、ごく短い期間です。

わずかに11月から1月の間と獲れる許可がおりないため、めったに食べられないのです。

ギフトとしても人気のある蟹。

家族や友人知人に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。

しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。

生鮮食品ですから、鮮度が落ちると当然味も落ちることにつながりますし、新鮮でない蟹を食べるとお腹を下すことだってありえます。

そうしたリスクを回避するには、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するようにするべきですね。

お買い得品の代名詞となることの多い「訳あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。

中でもかに通販の訳あり品とは、価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、気にしなければいいというわけでもないですね。

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、他と比べて、特別に小さいものも訳になってしまうそうです。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。

食べるわけでもない甲羅にほんのちょっと傷があるものなんて、訳ありで買ったら申し訳ないくらいですね。

聞いているだけで申し訳ないような気分になってきました。

余程のセレブでない限り気にして食べないなんて、大損です。

実家や兄弟にも送ってあげようと思います。

残念ながらご進物にはなりませんが。

毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。

無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、もう十年来の習慣となっています。

中でも気に入っているお店は、私の知人が包丁を振るっている、函館市内に位置する蟹料理専門店です。

割と有名なお店ですよ。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を振舞っています。

今年もそのお店に行くのが楽しみです。