カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったこ

皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。

それなら、かににもブランドがあるので、ブランドで選ぶというのもありですよ。

かに本体、あるいは箱を見てください。

ブランドがにならブランドのタグやシールをチェックできるでしょう。

特定地域の漁港で獲れたかにであるという明確な表示です。

それがおいしさの証明であるからこそ、産地を指定して購入してもらいたいためにブランド名に仕立てたのです。

蟹通販はお得な一面が強いですが、皆さんが気にしている点と言えば、通販では鮮度が信用できないというところですよね。

蟹通販を利用したことがなければ、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。

ところが、それは思い込みで、実際には蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。

何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、より鮮度が高いといえるのです。

通販の生鮮食品はどれもそうですが、この種類、この産地のかにと決めてから、産地でボイルしたものと、活かにとで決め手がないと思った方も少なくないでしょう。

今後、通販のかにで条件を条件設定するとき活かにが一押しです。

よほど調理法を間違わない限り、活かにの方がよりおいしく新鮮なかにが届くからです。

かにをお歳暮にしよう、と考えた方、詰めを甘くしてはいけません。

それはただ一つ、おいしそうなかにが揃っているなら特に、自分で選んだかにを贈ることです。

どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、信頼関係のあるお店で買いましょう。

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海三河湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。

様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。

中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが最も普通の食べ方のようですが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。