カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにならどれも同じですが、ズワイガニを通販で買

かにならどれも同じですが、ズワイガニを通販で買う場合、訳あり商品を買って損はありません。

訳あり商品でも、ズワイガニに変わりはありません。

市場に出すものより大きいか小さいか、ちょっと傷があっても、食べられるような品ですから自宅で食べる分には問題ないおいしさです。

これでセール価格なら、買わなければ損です。

大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品を候補にしていくのが通の買い物ですよ。

蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが大きさに着目してみると、他の蟹と比べて小さいために、誤った選び方をしてしまうと、身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。

品質のいい毛蟹を選ぶ時のポイントはなんなのでしょうか。

店で選ぶ際は、重さをポイントにしてより詰まっているものをチョイスすればよいですが、直接商品に触れられない通販の場合には、販売会社の定めた品質の基準であったり、業績であったりをきちんと調べたうえで購入に至ることがうまく手に入れるために必要なことです。

私も家族も無類の蟹好きですので、通販で購入するケースが多いです。

しかし、気をつけなければならないこともあります。

通販では色々と確認が大事ですが、中でも事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。

購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。

それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。

解凍はプロでも気を遣います。

急がず焦らず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。

解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。

根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにと言われていますが、生物としてはヤドカリというべきです。

見た目はかにと変わらず、味もかにとそっくりなので食べる方としては、かにと同じ扱いで誰も問題にしていません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、誰もが認める有名なブランドがにです。

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には気を付けるべき事柄は、どうやって選ぶか、です。

どんな種類の蟹かによっても選択方法は様々です。

ズワイ蟹を買う場合を例にとってみると腹側に重要な手掛かりがあります。

ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、選ぶのに重要なのはアメ色のものを選択することです。

そして、甲羅の硬いものもいいでしょう。