カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

花咲がには、幻のかにとして知ら

花咲がには、幻のかにとして知られています。

根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。

といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにと全く同じ立場で全く問題はありません。

身は引き締まって濃い味わい、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。

全国各地で美味しい蟹が獲れますが、中でも第一にその名が挙がる漁場といえば北海道であることに異論はないでしょう。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

蟹の品種によっては北海道を上回る名産地もありますが、それらの要素を踏まえても、全体的にはやはり北海道に軍配が上がるでしょう。

しかし、そうは言っても、輸入品の蟹が道内で販売されていることがままあり、少しがっかりさせられます。

お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば最後まで気を抜かないでください。

何が大事かというと、贈るかにを決める際、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。

生鮮食品を贈るわけですから、お店が信頼できるところか、もう一度考えてください。

蟹にも色々あります。

買うときに、お得で美味しいのは国産と輸入品のどちらか、迷ってしまう人も多くいると聞きます。

しかし、それほど迷うことはありません。

同じ品種なら、日本産でも海外産でもそんなに味が違うことはありません。

ただし、気をつけなければならないことがあり、それは業者の信頼性をよく見極めることです。

利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、どこで獲れたものであっても美味しく楽しめます。

かにのおいしい食べ方がわからない、という声もありますが、まずは「焼きがに」が絶品です。

自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。

冷凍のかになら、解凍時に注意してください。

水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。

理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。

半解凍になれば包みを解き、殻付きで焼くと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。

焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。