カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

通販のカタログやサイトで、かにのポーショ

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも多いのが不思議ですね。

ほぐしていないかにの身、ということですね。

むき身のかにだといえます。

みんながすぐに食べられるというのもありがたいですし、殻が割れたものなど、丸ごと売れない品を加工用に回すため実質的な身の量を考えると安いというのも、高く評価したい点です。

かには国産と外国産で、味に違いがあるのでしょうか。

タラバガニを食べ比べすると、おおむね味はどこで獲れたものでも変わらないという方が多いのです。

その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うというのが常識になっています。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、獲れた地によって味が変わることが知られていて、国内でもそうですから、外国産はもっと味が異なると言えるでしょう。

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで実にいい味を出すので、超有名ブランドがにの一つです。

中国だけでなく、アジア各地の比較的多くの地域でみられます。

生息地域が広いのも当然で、雑食なので侵略的外来種扱いを受けています。

そのため、このかにが持ち込まれないよう、上海ガニの生体や卵が取引されないよう公に行えない国もあります。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

蟹にも色々あります。

買うときに、日本国内と海外産、どちらを買うべきか決めあぐねる人もいるようです。

しかし、それほど迷うことはありません。

同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであっても特に違いはないといえます。

国産、輸入のどちらであれ、注意するべきは、そのお店が信用できるかどうかです。

蟹のグレードを左右するのは業者の質です。

信用できるところの蟹なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。