カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。とても有名

ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。

とても有名なブランドがにの上海ガニとかなり近い親戚に当たります。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。

上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準という種類です。

それから、小さい個体は雄のことが多いです。

丸ごと使えるかにとして、日本では昔からいろいろな料理にされています。

一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。

一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

後は、毛蟹も有名ですね。

あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味が通の味ともいわれています。

身や味噌の味といえば、ズワイガニも有名なところです。

どのかにも独特のおいしさをもち、人それぞれ、好きなかにがあるのです。

蟹の激安通販というものを聞くと、割と多くの人が興味を示すかもしれません。

安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、大変便利でいいものでしょう。

でも、考えなしに利用するのはよくありません。

他の店と比べてあまりに安すぎるところは、売り物にならないだけの重大な理由があるということがありえるので注意しましょう。

口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから判断することをおすすめします。

蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、最もよく知られているのは、やはり北海道でしょう。

北海道といえば海の幸のメッカ。

多くの種類の蟹が獲れます。

蟹の品種によっては北海道を上回る名産地もありますが、それらの要素を踏まえても、全体的には北海道に勝る土地はないと私は思っています。

しかし、実際に北海道に行ってみると、海外から輸入した蟹を北海道内でも売っていることがけっこうあり、意外な気分になります。

加工していない冷凍かにだとかなり大きいので、暖かい室内で解凍する方もいるようですが、かにをおいしく調理するためには解凍は十分時間をかけましょう。

かにをおいしく解凍するために必須なのは室内の解凍は厳禁で冷蔵庫で解凍することです。

これをきちんと守れば差は歴然なので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。