カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

家族のお祝いや年末年始、ちょっとした

家族のお祝いや年末年始、ちょっとしたパーティーなど通信販売でのかに購入には色々なきっかけがあると思います。

かにをお取り寄せなんて贅沢な話ですが、わざわざお取り寄せをするからにはメリットがあるということです。

一度にたくさん買えること、それが一番のメリットです。

一度でも持ち帰ったことがあれば実感できますね。

重さを気にせず買えるのも通販のお取り寄せならではの特権です。

配送の担当者が日本全国津々浦々、自宅の入り口まで重さも大きさも厭わずにしっかりと届けてくれます。

重いものを自分で運ばなくていいので助かります。

鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを家にいながら心ゆくまで味わえるのもかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。

蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。

なぜならば、蟹を食べるのにこの方法を使うと、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。

さらに、この種の企画は蟹が名物の場所で開催されることが多いので安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、上質であるということにも納得できると思います。

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。

何より蟹が大好きな私。

新鮮で美味しい蟹を味わうために、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、ここ数年の習慣になっているのです。

北海道に行く際の目的地といえば、昔からの知り合いのお店でもある、函館市内の店舗です。

ここは隠れた穴場ですよ。

そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理を振舞っています。

この冬も勿論その店を訪れますよ!蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

一口に蟹と言っても、様々な種類がありますよね。

触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みも色々ありますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことを忘れないようにしましょう。

ポピュラーな蟹の種類というと、誰もがタラバガニやズワイガニなどを思い浮かべることでしょう。

いずれの種類でも、大きく新鮮な蟹を選ぶようにするのが蟹通販を利用する上での基本だといえるでしょう。