カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに花咲

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに花咲蟹があります。

皆さんはご存知でしょうか。

花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。

夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと評判です。

限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。

あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?誰でもズワイガニを選ぶとき大きくて、脚が長ければという判断で決めていることが多いでしょう。

しかし、大きさよりももっと調べてほしいポイントを覚えておいてください。

持ってみて重みは感じられますか?どんなに大きくても、さっぱり身がないという悲劇は後を絶ちません。

持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。

かにの通販は鮮度が心配で、という声も時々耳にします。

少し前まで、通販のかにというと新鮮な品はないというイメージが先行していました。

今は、そんなことはありません。

加工保存や流通システムの発展はものすごく、市場で買って店舗に並べるのと変わらない品が通販で売られ、味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。

通販は顔が見えない、品物を手にとって選べない取引なので、必ずしもいつもおいしいかにが買えるとは言えませんので、くれぐれも評判のいいお店から買ってください。

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。

中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べる方が多いようですが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。

そんな方にオススメなのが、ポーションタイプ(小分けに冷凍された食品という意味です)の商品です。

新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、素人には身をさばくだけでも大変です。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのが最良の方法だと思います。

ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、身の崩れた蟹などを安く売っている「訳あり蟹」を選べば、お得に蟹の魅力を味わい尽くすことができます!