カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しま

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

かに通販なら、産地から持ち帰る大変な思いをしなくて済むので思い切って大量に買えますし、まとまった数を一度に買うことで多くの通販で大変な値引をしてくれます。

目一杯の値引をねらっている方は、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込みとことん安くなる数を注文するのもありですよ。

注意点として、注文の品が届いた後、しばらくはかにを一時預かりしなくてはならないので、そのスペースは確保しておいてくださいね。

かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。

かにの出荷量1位を誇る地域から、取り寄せられればうれしいですね。

いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。

頭においておきたい次の3つの要素が満たされれば、美味しいかにに一歩近づくことでしょう。

産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。

高品質のかには、有名な産地に行ってそこで食べるのが一番ですが、そんなかにを産地から直接送ってもらうというのが2点目ですね。

最後の仕上げに、インターネットの口コミなどのお店の評判を基に自分なりのお店のランク付けをしてみれば、間違いのない選択ができるかもしれません。

蟹の食べ放題も増えてきましたが、多くの人は食べ放題の蟹はマズいと感じているのが実情かもしれませんね。

しかし、そこには誤解があります。

最近では、ただ安いだけでなく、美味しい蟹を食べられる食べ放題もあります。

食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹をふんだんに振る舞ってくれます。

ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方ならブランドのお墨付きをもらった蟹を選ぶほうがいいでしょうね。

産地直送の蟹が美味しい地域として、最もよく知られているのは、北海道をおいて他にありません。

北海道といえば海の幸のメッカ。

多くの種類の蟹が獲れます。

もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、それらの要素を踏まえても、全体的には北海道に勝る土地はないと私は思っています。

しかし、実際に北海道に行ってみると、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースも多くあります。

よく見て選びたいですね。