カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。きれ

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

軍手を忘れないでください。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

甲羅と半身を分けます。

それぞれをしっかり持って、半身、また半身と外していきます。

胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌だけにしておきます。

脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。

このとき切れ目を入れる、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

通販の購入品と偽り、蟹を突然自宅に送りつけてくる。

それが世に言う「カニカニ詐欺」の蟹通販詐欺です。

代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、なしくずし的にお金を払ってしまうケースが多いようです。

詐欺なのだから突き返してもいいのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。

少しでも変だなと思う荷物が来たときには、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。

カタログや、ネットの通販でかにの種類や産地を決めた後、ボイル前と後はどちらがよいのかフリーズした方もありがちです。

これからはこう思ってください。

通販でかにを選ぶ余地があるならまずは活かにを探してください。

ほとんどの通販では、活かになら新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。

近海でかにが獲れる時期になればお店でも、かにに目が行ってしまうものです。

寒いときにみんなで囲むかに鍋は冬の楽しみを味わえます。

鍋を食べたいとき、もうひとがんばりできれば、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、一番近い市場に行ってみると新鮮なかにを食べられます。

あるいは、通販で産地から直接買うのも近頃では常識です。

ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。

何と、かの有名な上海ガニと同族になるかにです。

ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズという小さなかにです。

雄より雌の方が大きいのも特長です。

日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として案外知られた存在です。