カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。

そして、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるというのが捌き方の基本手順です。

この時期に美味しくなる渡り蟹は、横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海三河湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食する方が多いようですが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。

産地直送の蟹が美味しい地域として、多くの方が真っ先に連想するのはやはり北海道でしょう。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、トータルで言うならダントツで北海道が一番でしょう。

しかし、実際に北海道に行ってみると、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースも少なくないようです。

通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集がおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人があるでしょう。

質のいいかにを通販で買いたい、そういう方のためにテレビ通販があるのです。

テレビ番組はどこも、扱う商品を厳選しています。

テレビ通販業者の厳しい目をくぐってきているので自分で業者を探せない人には向いています。

ただ、かに特集の放映をチェックして、電話やネットで購入する手間はかけてください。

メスのズワイガニは別名セコガニです。

地方により様々で、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。

美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

それとは対照的に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、一般的には、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。