カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、

かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、「焼きがに」いかがですか。

自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。

まずは、解凍ですよ。

水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。

ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。

ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。

実際ズワイガニを買っている方の多くは、脚が長くて、全体も大きければよしとして購入していると思います。

大きさはもちろん気になりますが、もっと別のことを強調したいのです。

持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。

どんなに大きくても、さっぱり身がないという話は他人事ではありません。

重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。

蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。

人気の蟹の一つとして数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。

茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。

特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。

しかし、身肉にはやわらかさも兼ね備えていて、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。

夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいとされているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで華のある食材で、その名にふさわしい有名なブランドです。

チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で比較的多くの地域でみられます。

その生命力は強く、雑食で外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。

放置すると拡散の可能性が大きいので、上海ガニが輸入されないように固く禁じている国もあるくらいです。

日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだという固定観念を抱いているのではないでしょうか。

しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。

お得なだけでなく、美味しく新鮮な蟹をちゃんと出している食べ放題もあるのです。

変な店の食べ放題ではなく、しっかりした蟹専門店や、有名な蟹の産地のコースなら、水揚げされたばかりの美味しい蟹が出てくるので、存分に堪能できます。

とはいえ、本当に極上の蟹を味わいたい方はいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶほうがいいでしょうね。