読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

国内のかにの産地はどこかと考えると、北

国内のかにの産地はどこかと考えると、北陸を挙げる方が多いです。

かにだけでなく、温泉にも入りたければ、有名な観光地の一つが粟津温泉で、かにをふんだんに使った料理を食べるために全国からその評判を聞きつけた客がこの温泉を訪れます。

粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。

かにと温泉のベストマッチを求める方にはきっと納得できるでしょう。

皆が大好きな蟹。

蟹がよく獲れる地域として、日本一の知名度を誇っているのは、北海道で間違いありません。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、色々な蟹が獲れるという点では、北海道は日本一の蟹の産地といえるでしょう。

しかし、実際に北海道に行ってみると、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースがままあり、少しがっかりさせられます。

蟹を買うときには選ぶ方法に注意すべきです。

一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、違った選び方をする必要があります。

例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。

白い腹をしているズワイ蟹は選ばないようにして、中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。

他に挙げられものとしては、いいものは甲羅が硬いです。

蟹通販では実に様々な種類の蟹を買うことができます。

中でも今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、意外かもしれませんが、活きた蟹ではなく冷凍の蟹です。

ただし獲ってすぐに茹でたもの。

冷凍に比べ、活きたままの蟹は、いかに新鮮とはいえ、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。

それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、ご自宅ではやりづらいですから、そういった下処理が終わっている状態の商品を選ぶほうがいいのです。

モズクガニをご存じですか。

世界でその名を知られた上海ガニのかなり近い親戚に当たります。

上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。

全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準という小さなかにです。

なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。

出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地でいろいろな料理にされています。