読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

国産と外国産のかに、食べ比べたことがありますか。タラバ

国産と外国産のかに、食べ比べたことがありますか。

タラバガニで比較すると、どこでとれてもまあ同じ味という説が有力です。

一方、ズワイガニは国産と外国産の味の差が大きいという声を実に良く聞きます。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、獲れた地によって味が変わることが知られていて、このかには産地によって味が違うとすれば、当然、外国産は相当味が違うのでしょう。

蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。

一定の時期にならないと漁が解禁されません。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、その期間以外は漁をしてはならないことが定められています。

旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことが大事だと覚えておきましょう。

蟹好きの私には嬉しい季節になりました。

何より蟹が大好きな私。

新鮮で美味しい蟹を味わうために、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、ここ数年の習慣になっているのです。

中でも気に入っているお店は、私の知り合いの人がオーナーでもある、函館市内の店舗です。

ここは隠れた穴場ですよ。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々を振舞っています。

もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。

グルメの王道といえば蟹。

主人も大の蟹好きでして、通販で蟹を取り寄せても、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。

でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで蟹を味わうことができたらもっといいですよね。

そうなると、活蟹よりもポーションタイプの蟹がいいということになります。

ポーションタイプとは、殻を取り除いた蟹の足の詰め合わせであり、特に蟹鍋などをする場合には、さばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。

特に子供は蟹の殻剥きを面倒がりますが、これなら気軽に楽しめます。

大人も子供もハッピーですね。

絶品の蟹を楽しみたい場合に、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉地へ出向くという方法があります。

美味しく蟹が食べられるような温泉地も存在しているのです。

温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、季節を選べば温泉だけでなく、蟹も楽しめることでしょう。

ただ注意すべきことは、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、時期を選ぶのが蟹ですので、旬の時期を狙って行ってください。