読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれるこ

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

地域によっては、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。

雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

一方、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、一般的には、このような部位を茹で珍味として愛されています。

多くの方に好評のかにの食べ方として、まずは「焼きがに」が絶品です。

自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。

焼きがにでは解凍が重要です。

ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。

半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

うま味が殻に残り、水分も含んだ状態で食べられます。

焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。

蟹にも色々あります。

買うときに、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか迷ってしまう人も多くいると聞きます。

ここでは敢えて言い切ってしまいますが、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであっても大した違いはないので安心してください。

それよりも、気にするべきことは、信用できる業者から買わなければならないということです。

利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。

今年も蟹のシーズンがやってきました。

蟹通販を利用すれば、いつでも実店舗のグレードに劣らない蟹を取り寄せられます。

まさに通販さまさまですね。

しかし落とし穴もあります。

今や、蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、どこの業者を利用するかは気をつけて選ばなければなりません。

どこで買ってもいいというものではありません。

新鮮な蟹を買うには、「産地直送」を明記している業者に絞って探しましょう。

良い業者を選ぶことができるかどうか。

それにより、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。

味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として入手方法としては店頭販売、または通信販売の利用が一般的ですが、この他、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。

蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地では季節を選べば温泉だけでなく、蟹も楽しめることでしょう。

ただし、温泉であればシーズンは関係ありませんが、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないのできちんといい時期を狙って行きましょう。