カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

通販によくある話ですが、かにを買うときも安い

通販によくある話ですが、かにを買うときも安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。

直接お店に行って買う場合は、いざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、食べきれる量しか買わないのが普通です。

一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、あり得ないほどの量を買ってしまって、全部食べきるまで大変だったという話を皆さんも聞いたことがあるでしょう。

注文前に大きさや頭数をよく確認してください。

通販のかには、安ければいいというわけではありません。

カタログやサイトの写真だけが頼りなので、全て写真の通り、身が詰まった新鮮なものとは言い切れません。

まずは、業者の信頼性を調べることが安くおいしいかにを購入するために必要です。

通販でかにを買ったことがないという方は色々な手段でお店を探すと思いますが、お店の口コミを調べたり、比較サイトを利用したりして自分にとってのよい業者に出会ってください。

国内のかにの産地はどこかと考えると、北陸地方が目立ちます。

冬はかにと温泉と思えば石川県の粟津温泉はその代表です。

かに料理と、温泉を追求して小規模な温泉地ですが、全国から観光客が湯治などに訪れます。

粟津温泉で食べられるかにはズワイガニで、加能がにというブランドです。

ふっくらして濃厚な味の身です。

かにと温泉のベストマッチを求める方には間違いなく嬉しい体験ができるでしょう。

皆さんはどのかにを食べたいですか。

みんなに知られているのはタラバガニかと思います。

そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、これぞかに、という方はたくさんいます。

味ならズワイガニが一番、といわれるくらいなくてはならない存在です。

どのかにも独特のおいしさをもち、それぞれに好きな方がいます。

上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても主役級の存在感で、その名にふさわしい有名なブランドです。

チュウゴクモズクガニともいわれ、中国を中心に生息地域は案外広いのです。

生息地域が広いのも当然で、雑食なので在来生物の脅威となることもしばしばです。

そのため、このかにが持ち込まれないよう、生体の輸入などを一切禁止になっているところもあります。