読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は年中いつでも獲っていいものではなく、解禁日というものが地域ごとや種類ごとに決まっています。

無秩序な乱獲を防ぐためにも、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、その期間以外は漁をしてはならないというルールが厳格に定められています。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、解禁日の情報に目を光らせておくことが大事だと覚えておきましょう。

蟹と言えば高級食材ですよね。

そんな蟹を安く食べるには、どういう手段で入手したらいいのかわかりますか?大抵の方々が蟹が最も安く手に入れるには、スーパーで購入するのが一番と思われるかもしれません。

いえいえ実は、蟹を買うとき、さらに低価格で購入できる手段があるんです。

一体どうしたらいいのでしょうか。

それは、訳ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。

これが一番安く蟹を食べられる方法です。

この方法を使うことによって、最も安く蟹が買えます。

多少の見た目の良しあしにこだわらない人にはオススメです。

皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。

一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

毛蟹も、どこの国でもよく知られています。

タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、お好きな人にはたまりません。

味の勝負なら、ズワイガニもよく知られた種類です。

とれる場所によっても味が違いますし、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。

冬を代表する食べ物にも色々あると思いますが、私の1番はなんと言ってもかにです。

名産地の出所確かなかにを送ってもらうのがいいに決まってます。

いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。

頭においておきたい注意点がこれだけあるということです。

初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。

産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。

2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。

鮮度が断然違ってきます。

3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。

100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。

ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。

これまで食べた紅ズワイガニはどれも大したことはなかったとすれば紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。

本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならみんながおいしさを認めます。

なかなか新鮮なものを食べられないためおいしいものを食べるのは難しいのです。