カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意す

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

かに通販のランキングサイトでもタラバガニは屈指の人気ですが、購入するときには気をつけてください。

アブラガニをご存じでしょうか。

タラバガニにそっくりな見た目で、そう簡単には見分けられません。

注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニばかりだったという深刻な話も時々聞きますから、実際に買うときには業者の信頼性を確かめてください。

シーズンになると、大手ショッピングサイトでも、かに通販がおいしそうな写真でみんなを誘惑しています。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人が増えているのも事実です。

おいしいかにをネットで一から探すのは大変、という方には、テレビ通販がぴったりです。

かにだけではありませんが、テレビ通販の商品は多くの人から高い評価を得ているものがほとんどで、失敗のない品だと考えてください。

どんな人にも無難な通販です。

蟹にも色々あります。

買うときに、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか悩んでしまうケースも多いでしょう。

ここでは敢えて言い切ってしまいますが、国産でも海外産でも、同じ種類の蟹なら特に違いはないといえます。

それより大事なことがあるとしたら、扱っている店舗自体の信頼性です。

蟹のグレードを左右するのは業者の質です。

信用できるところの蟹なら、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。

蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。

人気の蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。

根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。

ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えると評判です。

限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。