カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

これからの時期が最も美味しい

これからの時期が最も美味しい蟹。

旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、たっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。

蟹好きの食通たちの間では常識です。

その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。

蟹しゃぶや刺身は漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。

そこで蟹鍋や塩茹でがオススメになるわけです。

これらの食べ方なら、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。

塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。

多くの方がそのお得さに気付いている「訳あり蟹」。

私がわざわざ皆様にご推奨するのは、本当にお得な理由があるからです。

以下ご説明します。

それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、ごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、特にお得だと感じることはありませんよね。

対して、蟹通販には通販ならではの利点があります。

つまり、普通は売り物にならない蟹。

つまり、傷物の蟹であっても、それでもいいというお客様向けに安価で販売しており、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、最後まで気を抜かないでください。

何が大事かというと、贈るかにを決める際、自分で選んだかにを贈ることです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。

大事な方に贈るかにならば、信頼関係のあるお店で買いましょう。

いまや生鮮食品も通販で買える時代。

蟹を通販で買った経験がある方も多くいらっしゃると思います。

しかし、通信販売で本当に美味しい蟹が届くのか気にされる方もいるのではないでしょうか。

一昔前までなら、蟹に限らず、通販で新鮮な海産物が買えるという話は眉唾物の域でした。

ですが、ネットが広まった今では、店でも売っていないような、美味しく新鮮な産地直送の蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。

蟹の種類の一つである渡り蟹。

ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが基本的な楽しみ方です。

また、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。