カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

少しでもかにに関係ありそうな映像や写真を見るとかに

少しでもかにに関係ありそうな映像や写真を見るとかにを注文したくなるのは困りものです。

かに屋さんにも色々あってかにも聞いたことがある高級がにや珍しいかにまで取り揃えてあります。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。

選ぶに当たっては難しいことなんて何一つありません。

右へならえの日本人らしく、人気のものを選ぶことです。

基本はたったそれだけです。

かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。

売れ筋や人気などが一目で分かるランキングを見るのが近道です。

何回かの購入で人気と自分の好みとのギャップがはっきりしてきたら、1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店がわかってくるはずなので、きっと、世界一美味しくて自分に合ったかにと販売店に出会えるはずなのです。

訳あり品のお得感って癖になりますよね。

訳ありに目がない私は、ネットでもお店でもまず訳ありチェックをするのが常ですが、近頃気になっているのがかに通販の訳あり品です。

いちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、購入者にとっては大問題ですよね。

何を訳と考えるかについては、お店、担当者によってまちまちではありますが、でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。

脚や甲羅に傷や藤壺がついていたって美味しさは同じだと思います。

こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民は気にして食べないなんて、大損です。

実家や兄弟にも送ってあげようと思います。

残念ながらご進物にはなりませんが。

かに通販には、意外な落とし穴があるのです。

一度にたくさん食べると、大変なことになるかもしれませんよ。

通販のセールで安い毛蟹が買えたので全部ゆでて、彼女と二人で食べ尽くそうとしているとだんだん寒気を感じました。

気にせず食べるのを止めなかったので寒気は収まらず、震えだしてしまいました。

どんなにおいしいかにでも食べ過ぎは身体に悪いのです。

私のような目には遭わないようにしてください。

ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。

一般に出回っているかにの中では脚を味わいたい方には向いていないのですが、代わりに、味噌はとてもおいしく味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。

あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なのでかに味噌好きが十分満足するには十分満足できるかにです。

お手頃サイズでもあり、アイディア次第で、調理法は実に多様です。

あらゆる蟹の産地の中でも、第一にその名が挙がる漁場といえばやはり北海道でしょう。

北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。

蟹の品種によっては北海道を上回る名産地もありますが、トータルで言うならやっぱり北海道の蟹が一番です。

しかし、実際に北海道に行ってみると、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースがけっこうあり、意外な気分になります。