カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹通販を利用する上で気になる点はなんで

蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。

それは、第一には蟹の値段、届く量、また新鮮さを確認しておくこと。

最後に、送料を気にすることです。

「送料を笑う者は送料に泣く」ともいえるでしょう。

蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。

送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。

私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。

ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

とても有名なブランドがにの上海ガニとよく見ると似ている、同じ族のかになのです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズとして出回っています。

ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。

丸ごと使えるかにとして、日本では昔から地味に利用されてきました。

色々な蟹を扱っている蟹通販だからこそ、日本国内と海外産、どちらを買うべきか迷うことがよくありませんか? しかし、正直な話、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであっても味に大きな差はありません。

それよりも、気にするべきことは、業者の信頼性をよく見極めることです。

信頼できるお店の商品なら、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

タラバガニを選ぶコツのお話です。

まずは、雄を選んでください。

メスの個体は栄養分を卵に消費することが多く、タラバガニを食べる目的とも言える脚肉を味わいたいと思えばオスおいしいことは明らかです。

それから、甲羅中央部にある突起の数を数えましょう。

正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。

タラバガニと信じて買わないでください。