カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

メスのズワイガニは別名セコガニです。

メスのズワイガニは別名セコガニです。

地域によっては、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。

一方、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、多くは、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。

蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、たっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。

これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。

中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。

しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。

塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。

便利で知られる蟹通販ですが、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、本当に新鮮な蟹が届くのかということでしょう。

通販に良い印象を持っていない人なら、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。

ところが、それは思い込みで、実際には蟹通販に関してそういう心配はほぼ必要ありません。

何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、新鮮である確率はかなり高いといえます。

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、かには重さの割にかさばるということがあります。

リアル店舗で買えば、実際の数がはっきりわかるので、自宅で保管できない量を買うことはまずないでしょう。

けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、とても食べきれない量を注文し、冷蔵庫や冷凍庫に入りきれなかったという話は通販の中でも、かにではありがちです。

どんなおいしいかにでも、買って後悔しないようにしたいですね。

蟹を調理していく場合には、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。

中でも最もポイントとなることは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

大概の方は早く解凍したいがために、蟹を水に浸して溶かそうとします。

その方法をとった場合には、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。