カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

選ぶ蟹を間違えると本当は美味しいはずの蟹を楽しめな

選ぶ蟹を間違えると本当は美味しいはずの蟹を楽しめなくなってしまいます。

美味いカニを堪能するには、選び方が大事です。

タラバガニを選ぶ際に重要なのは、重さのチェックをすることがまずは第一のチェック項目です。

また、汚れていない甲羅を選ばずに、汚れており、かつ硬いもの、これがいいです。

かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。

おいしく茹でるには一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。

塩分は濃くしないことを心がけて、1%を超えない濃度くらいの塩分で十分です。

大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、全てお湯に浸るように注意しましょう。

食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと食べるときに楽ですよ。

「さあ蟹を調理しよう」という時には蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。

中でも最もポイントとなることは、冷凍してある蟹の解凍の方法です。

多数の人々が早く解凍してしまいたいからと蟹を水中に入れてしまいます。

もしそのようにしてしまうと、蟹の良さである旨味が消えてしまうため冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。

かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。

かにを買うときには、お店には内緒の注意点があります。

どういうことかといいますと、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。

大事なお歳暮用のかにですから、信頼関係のあるお店で買いましょう。

蟹好きの私には嬉しい季節になりました。

至高の蟹に舌鼓を打つべく、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、今の季節で一番楽しみにしていることなのです。

北海道は蟹のメッカ。

中でもお気に入りのお店は、昔からの知り合いのお店でもある、函館市内の店舗です。

ここは隠れた穴場ですよ。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々が、これでもかとばかりに出てきます。

今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。