読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かに通販には、意外な落とし穴がある

かに通販には、意外な落とし穴があるのです。

安く大量に買ったかにを、食べ過ぎるとどうなるか。

通販で毛蟹を大量に購入したことがあり、彼女と二人で、喋る間もなく食べていると寒気のような、ぞくぞくが起こりました。

でも、おいしくて食べるのをやめられません。

しまいには歯の根が合わないくらい震えてしまいました。

おいしいかにには思わぬワナがあります。

かには身体を冷やすことがあります。

少しずつ、味わいながら食べてください。

活かにをさばいてみましょう。

洗って汚れを落とし、30分水に浸します。

殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。

腹の三角形部分に指を入れて外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

甲羅と半身を分けます。

それぞれをしっかり持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。

半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いてかに味噌を出しておきます。

脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。

殻に切れこみを入れたり、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

あとは実践あるのみです。

がんばってください。

モズクガニをご存じですか。

意外にも、高級食材の上海ガニとはよく見ると似ている、同じ族のかになのです。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。

成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。

重量は全体で170〜180グラムが一般的という小さなかにです。

ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。

出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地で広く知られています。

通販の生鮮食品はどれもそうですが、どこまで加工したものを買うかということで、ボイル前と後はどちらがよいのかフリーズした方も少なくないでしょう。

今後、通販のかにで条件を決める場面では活かにが一押しです。

まず間違いなく、活かにの方がよりおいしく新鮮なかにが届くからです。

かには食用だけでも数え切れない種類があり、みんなに知られているのはタラバガニかと思います。

毛蟹も、どこの国でもよく知られています。

触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、風味豊かな身や味噌がぎっしり詰まっていてこれぞかに、という方はたくさんいます。

ズワイガニも多く出回っており、その味も有名なところです。

もちろん産地によっても味は異なり、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。