読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かに通販なら、産地から持ち帰る大変な思いをしな

かに通販なら、産地から持ち帰る大変な思いをしなくて済むので大量に買っても大丈夫です。

一定以上の量を注文すれば、お店では考えられないくらい激安になることを期待できます。

目一杯の値引をねらっている方は、ご近所の方や、職場の同僚の注文を集めて、通販で一括購入するのがいいでしょう。

注意点として、注文の品が届いた後、しばらくは全てのかにはお宅にあるわけで、そのスペースは確保しておいてくださいね。

蟹と言えば高級食材ですよね。

そんな蟹を安く食べるには、どういう手段で入手したらいいのかわかりますか?皆さんは総じて「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。

いえいえ実は、より安く蟹が売られているところがあります。

「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。

それは何かと言いますと、通販で蟹を買う方法です。

この場合、訳あり商品が取り扱われているので、一番安く買うことができる方法です。

この方法を使うことによって、やや見た目は悪くても、カニを安く購入することが可能です。

お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、お店には内緒の注意点があります。

何のことかと思うでしょうが、品数が豊富であればあるほど、自分で選んだかにを贈ることです。

かにの選び方に自信がないためですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。

お歳暮のかにには特に念を入れて、十分信頼できるお店を選んでください。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくのが上手な調理の仕方です。

国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。

多くの方の話では、タラバガニだとどこでとれてもまあ同じ味という方が多いのです。

一方、ズワイガニは国産と外国産の味の差が大きいというのが定説になっています。

そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、そのブランドが味を表しているのです。

産地による味の違いはあると考えられ、外国産はもっと味が異なると言えるでしょう。