カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにはどうやったらおいしく食べられるでしょうね。おす

かにはどうやったらおいしく食べられるでしょうね。

おすすめは「焼きがに」ですね。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。

ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、自然解凍できれば最高です。

半日くらいかけるのが理想です。

半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

水分が残っているからおいしいので、焼きすぎは禁物です。

ズワイガニは、ズワイガニの代用とさんざん聞きますが、果たしてどうでしょうか。

これまで食べた紅ズワイガニはどれもはずればかりだとしたら紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。

本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならおいしいの一言に尽きます。

なかなか新鮮なものを食べられないためどうにも誤解されがちです。

タラバガニを選ぶコツのお話です。

選べるなら、オスの方がおいしいのです。

雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニが最もおいしい部分、脚の身に栄養が回っている雄を選ぶべきですよね。

これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してください。

タラバガニの特長として、突起が6つあるはずで、4つだけなら、アブラガニなので、タラバガニと信じて買わないでください。

外れのないおいしいかにを食べたいと思うなら、産地の名前がついた、ブランド品のかににするというのはいかがでしょうか。

ブランドがにの見分け方としてブランドのタグやシールをチェックできるでしょう。

その名は、特定地域で獲れたかにであることの証明になっているのです。

それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だから他のかにとは違うことを示すためにブランド名に仕立てたのです。

お知り合いや、お世話になった方に、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。

ですが、油断は禁物です。

何より新鮮さが落ちてしまうと、当然味も落ちることにつながりますし、新鮮でない蟹を食べるとお腹を下すことだってありえます。

そんな事態を避けるためにも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して送ることが、相手に対する思いやりでもあります。