読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

おもてなしなど、かにをご馳走し

おもてなしなど、かにをご馳走したいとき、そんなときはネットで、北海道など産地から直接お取り寄せできるサイトをぜひお試しください。

かにを買うのはどこでもできますが、インターネットなら、産地直送のおいしいかにも手軽に購入できます。

掘り出し物のお値打ち価格のかにが見つかるかもしれません。

おいしいかにを食べたい方、たくさん買いたい方は、ネット通販を試してみればお得なことは間違いありません。

蟹の魅力を十分に引き出すためには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。

ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。

そこで、どうすれば蟹を上手に茹でられるのかに精通するのが重要だといえます。

茹で蟹において大事なこととは、鍋のサイズを妥協しないことです。

大きめの鍋を使い、脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。

そうしたら、失敗せず、美味しい茹で蟹を味わうことができます。

皆さんの中の多くの方が、蟹の食べ放題といえば「安かろう悪かろう」だと感じているのが実情かもしれませんね。

しかし、そこには誤解があります。

お得なだけでなく、美味しく新鮮な蟹をちゃんと出している食べ放題もあるのです。

蟹専門の料理店や、北海道など蟹の名産地での食べ放題でなら、水揚げされたばかりの美味しい蟹を心行くまで味わい尽くせるはずです。

しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人は食べ放題で冒険するより、信頼性抜群のブランド蟹を購入するに越したことはないです。

通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。

最近人気の種類としてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。

茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。

ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。

夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと評判です。

限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。

この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、お歳暮で美味しい蟹を贈りたい方もいますよね。

でも、気をつけてください。

水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。

時間が経つとそのぶん味も悪くなるのに加えて、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。

そのような危険を冒さないためには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて送ることも忘れてはなりません。