読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

毎年楽しみにしている蟹の季節が

毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。

至高の蟹に舌鼓を打つべく、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、毎年この時期の習慣です。

北海道に行く際の目的地といえば、私の知り合いの人がオーナーでもある、道南・函館市の蟹料理専門店です。

ここは本当にお勧めです。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々が、これでもかとばかりに出てきます。

私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。

かにの通販は本当にたくさんありますよね。

どこまで加工したものを買うかということで、産地でボイルしたものと、活かにとで途方に暮れることもありがちです。

いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で決める場面ではまずは活かにを探してください。

まず間違いなく、活かにの方がよりおいしく新鮮なかにが届くからです。

松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。

松葉ガニと比べてみれば、おおむねサイズが小さいと思われていますが貴重な卵が味わえ味わいも豊かで、松葉ガニよりも、通好みでファンがたくさんいるのです。

期間限定のかにで、11月から1月までしか水揚げされないので、珍重されるのは当然です。

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。

お知り合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。

ですが、油断は禁物です。

生鮮食品ですから、鮮度が落ちるとそれだけ美味しくなくなりますし、モノによっては、食べるとお腹を壊してしまうことも。

そうしたリスクを回避するには、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。

そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して発送するようにするべきですね。

モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、意外にも、高級食材の上海ガニとはよく見ると似ている、同じ族のかになのです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズという種類です。

そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。

日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として広く知られています。