読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんと

吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんとなく食べたくなるものってありますよね。

かにってそんな雰囲気をかもし出す食べ物だと思いませんか。

年の瀬の歌番組を見ながら食べるのが例年の楽しみで、少し早めに注文しておき、かに三昧の2日間を過ごしています。

これだけ毎年買っているのにお店の数が多すぎてなかなかこれといったお店にたどり着けません。

毎年美味しいことは美味しいのですが。

注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、そうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、価格と品物がしっかり見合っていて欲しいのは当たり前のことです。

その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。

できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、良い買い物が出来るというわけです。

多くの方がそのお得さに気付いている「訳あり蟹」。

私があえて皆様にお勧めしているのにはちゃんとした理由があるのです。

実店舗との差を考えてみましょう。

実際の店舗の場合は、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、代金についてトクをするのは難しいですよね。

ところが蟹通販では、実店舗とは違って、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

軍手を忘れないでください。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、交互に半身を外すのです。

胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌を出しておきます。

脚を外していき、長さも食べやすくします。

食べるときのために、切れ目も入れましょう。

殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。

文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海三河湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。

六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが基本的な楽しみ方です。

また、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。

北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。

こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。

元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。

インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、かにを宅配便で全国に販売する会社はあったらしいのですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して信用できる根拠もあまりなかったので、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。

でも、よほどひどいお店を選ばない限り通販のかには軒並み美味しくなっているので、安心できます。