読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹の魅力といえば、まず思いつくのは脚の身ですが

蟹の魅力といえば、まず思いつくのは脚の身ですが、蟹ミソが大好きと言う方もいるでしょう。

「蟹ミソ党」の人にお勧めしたい蟹というのも好みに応じて様々ですが、ここは迷わず毛ガニを購入することをお勧めします。

ねっとりととろけるような旨味で知られる毛ガニのミソなら、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。

蟹ミソだけでもおいしいですが、ほぐした脚肉とあえるとまた絶品です。

ついつい普段よりもお酒が進みますね。

どんなかに好きの人も迷ってしまうくらい、通販は他の通販食品同様の充実ぶりです。

通販初心者が調べようとすると、どれにしようと迷うばかりで実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。

どうしても自分で選べない場合、人気ランキングもいくつかのぞいてみてください。

誰が見ても味、価格が優るかには多くの人気ランキングで、確実に上位にあると断言できます。

蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。

これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。

蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。

そこで蟹鍋や塩茹でがオススメになるわけです。

これらの食べ方なら、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。

そのままの味が好みに合わなくても、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、見違えるほど美味しくなるので試してみてください。

かなり多くの方が、食べ放題の蟹といえば不味いものの代名詞であると思っているでしょう。

実は私もかつてはそうでした。

中にはその通りの食べ放題もありますが、もちろん例外もあります。

最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。

変な店の食べ放題ではなく、しっかりした蟹専門店や、有名な蟹の産地のコースなら、産地直送の新鮮な蟹を存分に味わうことができるでしょう。

しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せるに越したことはないです。

ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。

入れすぎると身が硬くなるので、塩が入っているとわかれば大丈夫です。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ熱が全体に回るようにしましょう。

食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと衛生的ですね。