読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。

毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。

毛蟹と言えば冬が旬。

ですから、大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、毛蟹を生で買うのに最適です。

加えて、外せないのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。

実際に触れるなら、表面の手応えと重みがあるものを選んでください。

身が詰まっている様子は見た目にもわかりますし、持ってみれば直に感じられます。

購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けばよいかにを売っている可能性が高いです。

美味しいカニを食べるには、店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉地へ出向くという方法があります。

中には蟹で有名な温泉地もあるからです。

近辺に蟹の産地がある温泉地の場合、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。

しかし注意点が一つあり、いつでも楽しめるのは温泉の方だけで、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないのでシーズンに合わせて行きましょう。

通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、訳というのが何で、食べてみて正規品とどこまで差があるのか。

そのわけによっては買う気にならない可能性も大有りだと思います。

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。

訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。

気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。

こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民はあまり気にする必要なんてないですね。

訳ありかには、我が家の定番になるかもしれません。

この時期に美味しくなる渡り蟹は、日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

食用の蟹の中では特に大型であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。

中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが古くから最も一般的とされましたが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。

思わず買いたくなってしまうくらい、かに通販は質量ともにすばらしいの一言に尽きます。

通販初心者が調べようとすると、判断基準がよくわからないので嬉しい悲鳴をあげるかもしれません。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも時間と手間の節約になります。

初心者でも後悔しない、値段と味のバランスが獲れた品はどこのランキングでも、必ず上位にがんばっているのです。