読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

最近のブームである蟹通販。これを利用すればお店に行か

最近のブームである蟹通販。

これを利用すればお店に行かなくても、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。

しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、どこで買うかによって価格や送料が大きく異なるため、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。

根気よく多くのサイトを見ていけば、蟹が激安だったり、送料が無料だったりするお得な業者もあります。

高価すぎる店は嫌ですが、安すぎるのも考え物です。

本当に信頼できる業者なのかということをしっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。

どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。

海水より濃くないくらいで、塩が入っているという感じを保ってください。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて熱が全体に回るようにしましょう。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくときれいな状態で食卓に乗せられます。

直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道が一番よく知られているでしょう。

そうなるのも当たり前なのです。

現在、日本で毛蟹を買おうと思えば全て北海道なのです。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると他の種類が獲れることで知られた産地を思いつくのではないでしょうか。

一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取でたくさんとれますよ。

かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。

通販のかにもありました。

みんなで「おいしそう」といったくらい、身の詰まったかにがたくさん入っていたので、送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。

今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、かにはテレビで見たとおりの品で、食べてみると濃い味で、嬉しいお正月になりました。

今でも家族でかにの話をします。

今年も買いたいです。

多くの方がそのお得さに気付いている「訳あり蟹」。

私があえて皆様にお勧めしているのにはワケアリだけに「ワケ」があります。

まず、普通のお店で蟹を買うとすると、品質や状態が保証されている分、値段もそこそこ(というか普通に)するので、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。

ところが蟹通販では、実店舗とは違って、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、見た目を気にする人でさえなければ、間違いなくお得な買い物といえるでしょう。