読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

美味しい蟹を通販で取り寄せたいとい

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、悩んでしまう人もいるでしょう。

どちらがいいかは、結局はどういう食べ方をしたいかによって違います。

家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。

また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、鮮度第一の活き蟹か、生のまま冷凍したものを買うといいと思います。

蟹の味わい方によって適した商品も変わってくるので、それを意識すれば、便利な蟹通販をさらに快適に利用することができるのです。

活かにをさばいてみましょう。

洗って汚れを落とし、30分水に浸します。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。

甲羅と半身を分けるために、それぞれを押さえて交互に半身を外すのです。

胴に残った黒い部分を取り除いて、待望のかに味噌を出します。

脚をばらばらにし、大きければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。

コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。

直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、何といっても北海道ですね。

そうなるのも当たり前なのです。

日本で水揚げされる毛蟹の産地は北海道以外にありません。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所があることでしょう。

ズワイガニなら、松葉ガニを誰もが思い浮かべるくらい鳥取が有名な産地となっています。

師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。

年の瀬の歌番組を見ながら食べるのが例年の楽しみで、少し早めに注文しておき、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。

何店かは買ったことのあるお店もあり、そこでもいいのですが、常に少しでも良いお店で買いたいと思うので、注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、そうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。

その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。

できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、良い買い物が出来るというわけです。

産地直送の美味しい蟹をお取り寄せできる蟹通販。

商品のタイプにも色々ありますが、私のイチオシは丸ごと買いです。

甲羅を含まない脚だけのセットや、傷物のワケアリ品などが特に安いという印象があるかもしれませんが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでも十分安く買えることが多いです。

私は断然、丸ごと買いをお勧めしたいです。

蟹を美味しく味わうには、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。

それなら風味を損ねることもありませんから、身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。