カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹はどう食べても美味しいものですが、中

蟹はどう食べても美味しいものですが、中でもお勧めできるのは素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。

大の蟹好きである私もはっきりそう思います。

その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。

蟹しゃぶや刺身は漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。

しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。

もし風味が足りないと感じたときには、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。

同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、豊富に取り揃えられたかにを見ているだけでも幸せを感じますね。

かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。

サイトの中を行ったりきたり悩みは尽きないと思いますが、選ぶに当たっては難しいことなんて何一つありません。

右へならえの日本人らしく、人気のものを選ぶことです。

美味しいかにを食べるために、その基本は押さえておきましょう。

人気が今どこに集中しているのかを探るには、デイリーランキングや売れ筋ランキングなどをこまめにチェックするのが効率的です。

何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店が見つかることもあるかもしれません。

家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。

通販でかにを注文したいけど、鮮度はどうかと気にする方もいるようです。

つい最近まで、通販でかにを買うと、新鮮なものはないといわれていました。

現在、その問題はほとんど克服されました。

冷蔵や冷凍の宅配便網は全国に行き渡っていますから、かに通販で買っても、産地から市場に送られた品と同じように味も鮮度も充実しています。

様々な理由から、どの店舗でも常においしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、購入先は信頼の置けるところにしてください。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れる。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならばここだけの話、注意してほしいことがあります。

何のことかと思うでしょうが、おいしそうなかにが揃っているなら特に、お店の人に選んでもらうのを避けることです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。

贈答用のかには特に十分信頼できるお店を選んでください。