読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹にも国産と輸入があります。購

蟹にも国産と輸入があります。

購入する際に、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか決めあぐねる人もいるようです。

でも実際のところ、同じ品種なら、日本産でも海外産でも特に違いはないといえます。

国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、業者の信頼性をよく見極めることです。

多くの方が満足しているお店の蟹なら、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするスタイルが最もスタンダードだといえます。

さらに、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。

お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、お店には内緒の注意点があります。

どういうことかといいますと、たくさん並んだかにの中から、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。

とてもよくある話ですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、信頼関係のあるお店で買いましょう。

蟹の調理の仕方においては、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。

中でも特別気を付けた方がいいことは、冷凍蟹をいかにして解凍するかという点です。

多くの人々は解凍を早めたいと、蟹を水に浸して溶かそうとします。

そうした場合、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

実は種類によって違うようで、タラバガニなら国産も外国産もほとんど同じ味だという方が多いのです。

一方、ズワイガニは国産と外国産の味の差が大きいという声を実に良く聞きます。

実際、どこで獲れたかによってズワイガニのブランドが決まるのです。

そのブランドが味を表しているのです。

そのあたりを考慮すると、外国産は味が違うというのも、もっともです。