読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

多くの方に好評のかにの食べ方として、何といっても

多くの方に好評のかにの食べ方として、何といっても焼きがには最高ですよ。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

焼きがにでは解凍が重要です。

ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫で自然解凍しましょう。

ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。

半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。

完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。

私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないのではないでしょうか。

安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、利用してみたいと感じるかもしれません。

でも、考えなしに利用するのはよくありません。

常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、安売りを騙った詐欺業者であることも可能性として考慮しておかなければなりません。

口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから判断することをおすすめします。

毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。

至高の蟹に舌鼓を打つべく、北海道に旅行するのが、この時期欠かせないお約束になっています。

私が毎年必ず足を運ぶのは、旧知の知り合いが経営する、道南・函館市の蟹料理専門店です。

ここは本当にお勧めです。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々が、これでもかとばかりに出てきます。

私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、半身、また半身と外していきます。

半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いてかに味噌だけにしておきます。

脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。

一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。

近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが多いのに気づいた方もいるでしょう。

殻をむき、中身を取り出したと考えてください。

むき身のかにだといえます。

殻を取り除く面倒がないというのも強みですし、殻が少々割れたものなど、訳あり品を加工しているので新鮮なのに安く売られているというのも、高く評価したい点です。