カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんと

吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんとなく食べたくなるものってありますよね。

かにってそんな雰囲気をかもし出す食べ物だと思いませんか。

1年も押し詰まった頃の恒例となっているのが産地からの通販で購入して、色々な食べ方でかにを楽しみます。

何店かは買ったことのあるお店もあり、そこでもいいのですが、常に少しでも良いお店で買いたいと思うので、どうやって選んだらいいか、ものすごく悩みますよね。

生ものなので信用できるお店の方がいいし何といっても安いものではないので、どれだけサービスしてもらったとしても、やはりそこそこのお値段はしますから、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。

その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。

できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、良い買い物が出来るというわけです。

せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いように見受けられます。

その名の通り激安なので、一見、大変便利でいいものでしょう。

でも、考えなしに利用するのはよくありません。

一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、トラブルの多い業者や、詐欺まがいの業者であることも可能性として考慮しておかなければなりません。

激安通販を利用する場合、そのお店の評判をネットでよく見てから購入を考えるとよいでしょう。

モズクガニをご存じですか。

世界でその名を知られた上海ガニの同族になるかにです。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。

成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

多くは、成体で170から180グラムになるとして出回っています。

それから、小さい個体は雄のことが多いです。

昔から日本で多くみられ、食用として広く知られています。

どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

ゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきます。

海水より濃くないくらいで、ちょっと塩気を感じるくらいの塩分で十分です。

かには丸ごと茹でる必要はなく、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、鍋に全て収めてください。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと衛生的ですね。

おいしい蟹をいただくにはどのような方法があると思いますか?店や通販で売っているものを買う以外にも、意外かもしれませんが、温泉へ行くという手段です。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。

ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。

そうは言っても、温泉であればシーズンは関係ありませんが、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないので行く時期を選んでください。