カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律

詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律や取締りからの抜け道を編み出し続けており、実際に先日危うく騙されかけたのが、買ったつもりのないかにを勝手に送ってくる、通販押し売り商法です。

その手口は様々ですが、共通しているのは、アンケートに協力させてこちらの対応を伺い、巧みにかに通販へと誘導していくことです。

毅然とした態度ではっきり断らないと、証拠のないのをいいことに、忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物がどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。

買いたくない人に売りつけるのとは違いますが、買いたい人がかにを選ぶときに実物よりランクの高い写真を見せておいてまるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。

こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。

このような詐欺にあうことなく美味しいかにを楽しむには、日頃からの情報収集が肝心です。

ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。

土地土地で違いがあり、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。

それに比べて、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、むしろ、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。

蟹を買うならブランド蟹がお勧めです。

色々な種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。

蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。

ズワイガニの美味しさを知れば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。

越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。

タグがしっかりしていれば、味や品質はお墨付きということです。

蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認するのをクセにしてください。

蟹の旬がいよいよですね。

私が毎年心待ちにしている季節です。

無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、北海道に旅行するのが、もう十年来の習慣となっています。

中でも気に入っているお店は、私の知り合いの人がオーナーでもある、道南・函館市の蟹料理専門店です。

ここは本当にお勧めです。

そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理が、これでもかとばかりに出てきます。

この冬も勿論その店を訪れますよ!蟹通販の利用を検討するにあたり、ネックがあるとすれば、新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。

蟹通販を初めて利用するという人の場合は、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。

しかし、その印象はズレています。

実際のところは、蟹通販に関してそういう心配はほぼ必要ありません。

考えてみてください。

蟹通販は漁港から直送で蟹を送ってくるので、店頭で普通に売っている蟹などと比較しても鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。