カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹を食材として使う場合、蟹の保存状態に合わせた注

蟹を食材として使う場合、蟹の保存状態に合わせた注意点があります。

中でも特別気を付けた方がいいことは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

大概の方は早く解凍してしまいたいからと水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。

そんなことをしてしまったら、蟹の良さである旨味が消えてしまうため冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。

蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので通販で購入するケースが多いです。

しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。

お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、量の確認は大事です。

ちゃんと確認しておかないと、普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。

また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。

解凍は急がず、慎重にすることを心がけましょう。

よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。

「お得に蟹を食べたい」、そう思う人は多いでしょう。

それには、日帰りカニ食べ放題ツアーが最もいいと思います。

何故かというと、もしこうして蟹を食べたとしたら、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べて確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。

それだけではなく、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、上質であるということにも納得できると思います。

メリットの多い蟹通販ですが、気を付けなければならない部分もあります。

それは、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。

それと送料ですね。

意外と見落として損をすることが多いのです。

蟹の場合は特に、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、十分気を付けて見なければなりません。

なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。

ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

実際ズワイガニを買っている方の多くは、全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て選ぶ方が多数派でしょう。

それは当然のこととして、同じくらい欠かせない点をここで知っておいてください。

持ってみて重みは感じられますか?どんなに大きくても、さっぱり身がないという話は実に良く聞きます。

ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。